HOME>オススメ情報>気になる世田谷区の葬儀社のサービス!寄せられた口コミとは?

意外と知らない葬儀の事

葬儀の事は、以外と知らない事のほうが多い物ですよね。葬儀社の選び方はもちろん、葬儀の方法や、葬儀のマナーなど、たくさん知らなければいけない事が多いものです。その中でも1番気になるのが葬儀社の選び方。大切な故人を送り出してくれる手助けをしてくれる事になりますから、よりしっかり選ばなければいけません。世田谷にも様々な葬儀社がありますので、良い葬儀社は見つけられるものとは思いますが、それでも選ぶのが難しいという方は、口コミなどを参考にして選ぶと良いでしょう。

満足度はどうでしたか?

良いお見送りが出来た

祖父の葬儀をお願いしましたが、終始スタッフの方の対応がよく、気持ちよく祖父をお見送り出来ました。このようにサポートをしてくれるのはとても嬉しいです。

サポートをしっかりしてくれた

父の葬儀をお願いする際、葬儀の手配ははじめての私に対し、とても親身に親切にアドバイスをしてくれました。最初はかなり混乱してしまいましたが、落ち着いてサポートしてくれたおかげでなんとか送り出す事が出来ました。ありがとうございます。

かなり良い対応だった

最初、見積もりを取る際にどうすればいいのか分からず、混乱していましたが葬儀社の方がこのように葬儀は執り行われます、と説明からしっかりしてくれたおかげで、はじめての事で不安でもちゃんと葬儀を執り行う事が出来ました。たくさんの方に見送られ、母も嬉しいと思います。

様々な葬儀

蝋燭

近年、宗派にはとらわれない様々な葬儀が存在しているのをご存知ですか?それが、無宗教葬や自然葬といった葬儀です。無宗教葬は別名「自由葬」とも呼ばれ、より故人の希望を尊重した葬儀を行う事が出来ます。また、遺骨などを海に散骨するなどで執り行う自然葬も注目を集めている葬儀の形です。

葬儀を執り行う期限とは

実際に葬儀を執り行うとなった際、葬儀に期限があるかどうかが気になるという方も多い事でしょう。葬儀には、死後何日までに執り行うという期限は特にありません。しかし、法律で死亡届などの書類を出すといった事は、法律で決められていることですので、そういった書類はしっかり届け出をしなければなりません。ですが、届け出をしたからと言って自宅にそのまま遺体を火葬、もしくは埋葬せずに安置しておくと、死体遺棄罪などの罪に問われてしまう可能性があります。なので、4~5日ほどでは葬儀を執り行うようにしましょう。しかし、火葬や土葬をする際は市長からの許可が必要になりますので、24時間は出来ないという事をしっかり覚えておきましょう。

葬儀の開始時間はどう決める

葬儀の日取りが決まったあとに気になることといえば、何時から葬儀を執り行うか、といった事ですよね。一般的な葬儀の開始時間は、午前から午後だと言われています。例えば、10時~1時の間などが参列者の負担にもなりにくい為、いいでしょう。しかし、葬儀の後行われる火葬場は、友引の日に休日になっていたり、世田谷などの都市部になると火葬場に空きが無かったりしますので、まずはしっかりと葬儀場、火葬場自体が空いているかを確認した上で時間を決めると良いでしょう。