もしものために

何かあってから用意するのは遅いのが葬儀の事。中には葬儀の事に関し、頭を悩ませる方もいらっしゃるのではないでしょうか。葬儀社はどこにするべきなのか、そもそも、葬儀は一体どのように執り行なう手配をすればいいのか分からない…といったお悩みです。そういった方は、まず事前に準備しておくべき事をしっかりと確認した上で、葬儀の準備、心づもりをしていた方が良いでしょう。また、横浜市には数多くの葬儀社が存在していますので、直接葬儀社に確認を取ってみるのもいいかもしれませんね。ですので、まずは早いうちから、葬儀社を探しておくといいでしょう。

葬儀社の種類

  • 大手の葬儀社
  • 中規模の葬儀社
  • 地元密着型の小規模の葬儀社
  • 病院から紹介される葬儀社

葬儀社を選ぶ前に

葬儀会場

葬儀を執り行う際には、まず葬儀の規模を決めなければなりません。まず、葬儀にはたくさんの種類があります。火葬式、家族葬、一般葬などが一般的な葬儀の例です。近年は、火葬のみを希望する方や、家族葬でしめやかに葬儀を執り行いたい方もいますから、より考えなければいけません。故人の生前の希望があるのであれば、それに則って行うのが良いでしょうが、家族のみで葬儀を取り決めなければ行けない場合は、どのように行うのか、一度親族と確認し合った方が良いでしょう。また、家の宗派についても確認しなければなりません。宗派により、葬儀の形式が変わる場合も十分にありますので、こちらはよく確認しておきましょう。ですが、分からないのであれば分からないでも結構です。

葬儀社を選ぶタイミング

葬儀人物

中には、葬儀社を選ぶタイミングがよくわからないという方も多い事でしょう。葬儀社を選ぶタイミングというのは、一般的には病院の霊安室などで遺体を安置してから葬儀社を決めます。中には、病院から葬儀社を紹介される場合もありますが、その際はすぐに決めずに、一旦保留しておきましょう。なぜなら、葬儀の費用が希望よりも割高になってしまう場合もあるからです。ですので、その際は遺体の搬送のみをお願いするのもいいでしょう。

葬儀社の選び方

葬儀会場

では実際の葬儀社の選び方ですが、見積もりは複数の葬儀社で取るのが良いでしょう。そうする事で、どこにお金がかかっているのかが知ることが出来、より費用をイメージしやすくなります。しかし、安さだけで選んでしまうと、後からオプションや斎場使用料で見積もり以上の金額になってしまう可能性もありますので、冷静になって選んで下さいね。また、見積もりを取る際にもスタッフの対応や、総合的な部分を見て決めるようにしましょう。